• G+

Vol17.新しい機能「HDR」が注目されています


昨年のテレビ市場では4Kモデルのシェアが順調に伸びていて、10万円以下の価格で購入しやすくなった製品も登場しました。昨年のボーナスなどで購入しフルハイビジョンモデル以上の高画質な画像で様々な映像を楽しんだ方もいらっしゃると思います。当店のテレビ買い取りサービスでも昨年はフルハイビジョンモデルの買い取り依頼をたくさん頂きました。多くの方が4Kモデルへ買い替えるための買い取りを依頼されたようで、4Kモデルの人気が高まっていることをうかがえました。フルハイビジョンモデルの2倍以上の画素を使用した高画質な映像が注目されがちですが、薄型化の技術や省エネ技術も進化していて使いやすさが向上していますから、人気が高まるのも納得できますね。こうなるとしばらくは4Kモデルが市場の中心になると思われるのですが、テレビの世界の技術進化は早く、昨年には早くも新しい機能「HDR」を搭載した薄型モデルが発表され注目を集めています。この機能は「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」という名称から名付けられたもので、映像の明るさの情報に着目して記録できるレンジを拡大し、臨場感溢れる映像を再現する技術です。簡単に言えばより自然に近いまぶしさを再現できるようになる技術ですね。明るさ情報の技術に手を入れるのは初めてのことで、その映像は今年に発表される予定とのことです。次世代のブルーレイディスクはHDR対応が標準になるとも言われていて、どんな映像なのか楽しみですね。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのテレビ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ