• G+
Vol3.

Vol3. 4K!?8K!?



2014年8月、液晶テレビの平均画面サイズは過去最大の34.0型に達しました。店頭には、大きく、薄く、高画質化されたテレビが並びます。最近では、フルハイビジョンの4倍の画素数となる4Kテレビの勢いも着実に増しています。更に、NHK放送技術研究所の「技研公開」では、2020年東京五輪で普及が期待される8Kテレビの展示を行いました。細部まできめ細かく映し出され、実際にその場にいるかのような臨場感が味わえるといいます。しかし4Kテレビ、8Kテレビへ移行していくにしても、民法各社の費用負担が多額となるため、番組がなかなか作られないという危惧もあります。そこで、「次世代放送推進フォーラム」が民放各社に設備を貸し出す方針を固めたそうですが、果たして今後テレビはどうなっていくのでしょうか。


テレビにおいても、技術の進歩により新たな規格が次々と登場してゆきます。必要のない人も、新しいものがほしい人も、この前買い換えたばかりなのに、もう新しいテレビを買わなくてはいけないかも!?ということが有り得ます。新しいテレビのご購入を検討されている方は、是非買い取りサービスをご利用ください。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのテレビ買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ